コレステロールや脂質、糖質などの摂り過ぎに注意して、野菜と共に魚中心の食生活を心掛けます。

脳梗塞の予防に大切なこと一覧

 

近年は「脳梗塞」にかかる人が増えてきており、
日本人の死因の上位を占めるようになってきています。

 

脳梗塞は、突然起こる病気なので、
ひとたび罹患してしまうと自分ではどうすることも出来ない場合がほとんどです。

 

そのため、脳梗塞に掛からないためにも、
普段から効果的な予防をしておくことが大切になってきます。

 

まず、脳梗塞について知っておくべきなのは、

  • 半身の手足が動きづらくなった
  • 半身の手足や顔面がしびれる
  • ろれつが回らなくなってうまく話せない

などの症状が急に現れたら要注意だという点です。

 

もちろん、これらの症状が現れたからといって必ずしも脳梗塞だというわけではありませんが、
万が一の事を考えて、症状を自覚した時点で、病院を受診することをオススメします。

 

また、脳梗塞は、朝目覚めた時点で気が付くことが多い病気なので、
起床時に先述した症状を感じた場合は、脳梗塞の可能性を疑う必要があります。

 

 

また、脳梗塞を予防する為に大切なのは、「正しい知識を持つ事です。

 

脳梗塞は、

  • 「夏」に多い病気だという事
  • 血液がドロドロになって「血栓」ができ、血流によって流れた血栓が脳の血管に詰まる事で引き起こされる病気だという事

を正しく知っておく必要があります。

 

 

野菜

また、普段からコレステロールや脂質、糖質などの摂り過ぎに注意して、「野菜中心の食生活」を心掛けることも、脳梗塞を予防する効果的な対策となります。

 

肉中心の食生活では、コレステロール値が高くなったり、
高脂血症などに陥り、血液がドロドロになってしまう恐れがあります。

 

血液がドロドロになると
血栓が出来やすくなったり、動脈硬化を引き起こす要因となってしまうので、
まずは、普段の食生活を見直して、
「血液をサラサラにする食事メニュー」に切り替えることが大切です。

 

また、魚介類には、血栓を溶かしたり、血液をサラサラにする成分が豊富に含まれているので、
野菜と共に魚中心の食生活」を心掛けることも脳梗塞の予防に繋がります。