発症時の症状と解説

発症時の症状

 

手足を動かし、見たり、聞いたり、話したり、
といった体の機能は全て脳の働きによって管理されています。
そして脳のどの領域が、どんな働きを担っているか、現在では大体のことがわかっています。
脳のどの部分に梗塞が起こるかによって、現れる症状が違います。
症状には以下のものがあります。

 

運動障害

脳梗塞の影響により体の左右どちらかの半身に麻痺が起こり、大脳の運動中枢や、
脳幹の運動神経経路が障害を受けると現れます。
麻痺は脳梗塞の症状では非常に多くみられます。

 

言語障害

相手の言葉が理解できるのに上手くしゃべれなかったり、
もしくは相手の話が理解できず的外れなことをいってしまいます。
また、繰り返しの言葉がスムーズに言えなくなったり、リズムをとれなかったりします。

 

めまい

グルグルとまわるような感覚の回転性のものや、
地震の時のような自分がグラグラと揺れているように感じる浮動性のものがあります。
これが他の脳卒中症状といっしょに現れると、脳梗塞が疑われます。

 

感覚障害

体の左右どちらかの半身に起こる症状で、しびれたり皮膚の感覚が麻痺したりします。
脳梗塞の場合、体の片側に突然起こるのが特徴です。

 

視野障害

半盲と呼ばれる症状が代表的で、
右目でみても左目でみてもあるいは両目で見ても視野のどちらかが見えなくなります。
なかには4分の1が見えなくなることもあります。

 

ほかにも突然物忘れを起こしたり、激しい頭痛が起こったりします。
本人に麻痺の自覚症状がない場合などもあるため、周りの人が気づいてあげることが大事です。