「笑う」で脳を活性化させ長生きしよう

笑うことにより脳は活性化する

 

喜び、怒り、悲しみ、楽しみといった「喜怒哀楽」は人間以外の生き物も持っている感情です。
しかし、「笑う」ことは人類にのみ与えられた非常に大切な感情です。

 

血液を送り出す役割の心臓にしっかり働いてもらうには、
まず気持ちをリラックスさせなければなりません。
怒ったり、興奮することは心臓に負担をかけよくありません。
笑うことは体をリラックスさせ、血液の循環がよくなり、体にとてもよいのです。
びっくりしたり、焦ったり、悩み事や、
心配事があったりすると「心臓に良くない」なんて言ったりしますが、本当にそうなのかもしれません。

 

脳梗塞の方に落語や漫談を聞かせることを
、リハビリの一環として行う取り組みも最近では見られるようになりました。
落語や漫談が始まると、はじめは無表情だった麻痺などの後遺症が残る方もニコニコし、
時には声を出して笑いあい、終わる頃には生き生きとした表情で帰られるという話も聞いています。

 

また本当に笑うことによって脳に変化は起こるのか調査したという報告もあります。
寄席の前後で脳梗塞の方の脳血流を調べてみたところ、面白かった楽しかったと答えた人は増加しており、つまらなかった楽しくなかったと答えた人は減少していたようです。

 

さらに感性をつかさどる右脳ではなく、
論理的なことを行う左脳の血流が増加していることもわかっています。
笑うことで脳が活性化させ、血流をよくすることは明らかになってきています。
笑いは脳の活性化に必要であり、認知症の予防にもなるとても大切なことなのです。